本日の取引

category: 本日の取引  

【全部売却】

GREATVIEW ASEPTIC PACKAGING
CITIC TELECOM INTERNATIONAL
CHINA SANJIANG FINE CHEMICALS
CLEANAWAY

【コメント】

新規銘柄を購入するために売却としました。
スポンサーサイト

2017_07_04

Comments

はじめまして 

はじめまして。いつも大変参考にさせていただいております。

VIZONさんが株を売却される場合は、利益や損失はあまり気にせずにされるのですか?
それとも、一定の基準がおありでしょうか。
103  URL   2017-07-05 17:09  

Re: はじめまして 

103さん、こんにちは。

状況にもよりますが、私の場合買いたい銘柄がある場合に、魅力順位が低いものから売ることが多いです。
損益の状況はそれほど気にしていません。
VIZON  URL   2017-07-06 02:17  

評価額は円ベースで 

こんにちは。

私は外株も外債も、外貨ベース数量☓為替レートで、評価額を計算してたんですけど、管理人様のように円ベースで計算したほうがいいですね。
売却するときは結局円ベースで計算されて、税金も取られるのだし。

じわりと円安になってて、気がついったら、1億9千万円超えてました。
このままあと数パーセント円安になれば、2億超えるかも。
デイちゃん  URL   2017-07-06 11:47  

Re: 評価額は円ベースで 

そうですね、円ベースが基本とは思いますが、心の安寧のためには、外貨ベースで計算するのも良いかもしれません。
2億円、すごいと思います。私はずっと1.5憶でたどり着けるかは分かりません。
VIZON  URL   2017-07-08 15:19  

株のセンスはないんです 

私はもともと外貨MMFからスタートして、外国債券など、外貨ものをメインに投資してきたのですが。(FXは除く)
「今、日本株が安すぎるから買わなきゃ」と買って、さらにそこからダダ下がりであわて、ナンピンし、さらに下がり、「もうお金がない」となって、その後なんか知らんけどちょっと反発して、あわてて全部日本株売って、外債に換える・・・の繰り返しな投資人生でした。
今回も、「外国株をやってみたい」と買い始め、はじめはまだ安いレベルだったのでプラスだったのですが、円高株安で雲行きがあやしくなり、結局大きくマイナスのまま退散し、外国債券に。
外債の利金でちょっと戻し、そうしてるうちに円安になってきて、ちょっと一息ついてます。
だったら、はじめから外国債券でよかったんかしらん。
まあ私には株のセンスはないってことに気づけただけよかったかな?と思っています。
デイちゃん  URL   2017-07-09 12:05  

 

VIZONさん、お答えくださりありがとうございます!
とても参考になります。
私は損が出ていると売りたくなくなってしまうタイプなのですが、より良い銘柄があれば損切りして入れ替えるのが理にかなってますね。
103  URL   2017-07-09 13:11  

Re: 株のセンスはないんです 

外債だと株式と違い時価の変動が少ないので、守りの投資に向いていると思います。
投資をしなければデイちゃんさんのご資金も増えなかったと思うので、結果オーライではないでしょうか。
VIZON  URL   2017-07-09 21:55  

Re: タイトルなし 

私の用にぱっぱと売ってしまうのは、あまり良い例とは言えないと思いますので、参考程度にしてください。一番良いのは長くホールドできる銘柄を見つけることでしょうね。
VIZON  URL   2017-07-09 21:57  

 管理者にだけ表示を許可する

06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

VIZON

Author:VIZON
30代後半男性 首都圏在住
職業:事務職サラリーマン

普段の生活は質素で、生活安全資金を除いた大部分を株式投資にまわしている30代独身サラリーマンの投資日記です。配当収入額が給与より大きくなってからは、会社で努力して昇格しようという意欲もあまり沸かず、まったり働いていましたが、仕事のストレスが増したこともあり最近リタイア願望が以前より強くなってきました。

銘柄の入替はありますが基本的に長期保有かつフルインベストメントにて配当金を積み重ねる戦略を実行していきます。

--------過去の損益--------
2011年:-1,529,990円
2012年:+5,011,987円
2013年:+48,374,205円
2014年:+10,135,105円
2015年:+842,641円
2016年:-19,208,576円
累計  :+43,625,372円

--------過去の配当--------
2011年:+1,460,499円
2012年:+2,996,104円
2013年:+4,043,146円
2014年:+6,623,613円
2015年:+9,226,306円
2016年:+8,364,969円
累計  :+32,714,637円

--------過去の給与--------
2011年:+5,138,088円
2012年:+5,446,586円
2013年:+5,702,987円
2014年:+5,572,448円
2015年:+5,756,640円
2016年:+6,201,251円
累計  :+33,818,000円

------過去の時価総額------
2011年:43,502,000円
2012年:62,477,162円
2013年:125,003,610円
2014年:144,692,570円
2015年:138,726,594円
2016年:141,080,518円

最新トラックバック

カウンター

検索フォーム

サイト様へのリンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR




page
top