本日の取引

category: 本日の取引  

【一部売却】

ASCOTT RESIDENCE TRUST
LIPPO MALLS INDONESIA RETAIL TRUST

【新規購入】

森トラスト・ホテルリート投資法人
スターツプロシード投資法人

【追加購入】

産業ファンド投資法人

【コメント】

森トラストホテルは最近の上場で、ブランド力と利回り4%位ありまあまあかなと思ったのと、スターツは下落していて利回りも良いので買ってみました。

スポンサーサイト

2017_04_07

Comments

勉強になります 

はじめまして、あるよその不動産・株式投資に関するブログでのお勧めを拝見してお邪魔しました。資産残高も配当金見通しも素晴らしい成果ですね。小生も配当金収入を高める運用に大変興味があります、ブログを拝見して勉強いたします。

ときに、早速で、かつ立ち入ったお話で恐縮ですが、是非、お考えをお伺いしたく存じます、購入・売却タイミングに関するご方針です。
株式価格などは相場の循環的な変化に非常に影響されること、ご案内のとおりです。
現在、安部政権・日銀金融政策に基づき、金利が大変に低く、またJREITは日銀の量的緩和により大規模買入れがなされ、平均利回りも3.7%台となっております。
10年国債も0.06%程度、イールドスプレッド水準も3.6~3.7%あたりです。
JREITは機関投資家(地方銀行など)、投資信託、IPOなどを手がける個人投資家、相場の変化に応じて参入・退出する外国投資家などで保有者が構成されているようです。特に機関投資家は利回り資産として保有することが多いため、スプレッドを非常に意識することはご案内のとおりです。金利とは逆相関性が強い商品です。
金利の上昇が次第に市場で話題として意識されつつはありますが、経済環境、消費者物価指数などを見る限り、すぐに日銀金融政策に急ブレーキがかかる、という可能性はかなり低いと思われます、とはいえ、いずれ金利上昇、金融緩和終了はJREITの価格に影響を与えます。
小生自身のこれまでの投資と考えについてですが、長期的な方針として、JREITに「土地勘がある」ため、タイミングを見極めて安くなったときに買い集めようと思っておりました。
ただし、現時点では、この金融緩和の開始後、もっぱらJREITのIPOを中心に手がけてまいりました。金融緩和の期間中における戦略、と位置づけ、目論見書の内容や、スポンサーのクレジット、過去の経営履歴、経営思想などから、上場後価格が上昇すると思われるものを選別し、手持ち資金を積極的に投入、上場後ある程度上昇したら、売却、次の上場に備えるという手法をとって運用しました。
しかし、JREITの上場もおおむね一巡し、いまは2銘柄のみ継続保有しております。
金融緩和終了までには、要求利回り水準があがってしまう(価格が下がってしまう)時に備え、先んじていったん売却しようと考えております。

VIZONさんの、今後の保有銘柄の保有・出口戦略などについて、お差し支えない範囲でお教えいただければと存じます。とくに、多く保有のシンガポールリートについて、市場の循環的な動きを踏まえての保有出口戦略、それらを決めるための指標など、いつもご利用・ご参照のものがあれば、是非ご教示いただければと存じます。
投資家見習い  URL   2017-04-08 13:22  

力みすぎて長くなりすぎました! 

大変失礼いたしました、自説の開陳がたいへん冗長な、ご迷惑なご質問になってしまいましたが、よろしくお願い申し上げます。inzaiさんのYieldyieldも相互リンクされているのですね、よくinzaiさんとツイッターでお話させていただいております、是非、諸事ご教示、また情報交換等いただければと存じます。
投資家見習い  URL   2017-04-08 13:27  

Re: 勉強になります 

投資家見習いさん、コメントありがとうございます。

保有・出口戦略ですが、確固とした戦略は定めておりません。金利上昇すればREIT価格が下がるのは概念としては理解しておりますが、実際にREIT価格に影響が出るまでは、保有する予定です。私の投資の目的はリタイアしても配当金で食べていくためなので、いずれかの株は保有する必要があります。REITは価格も安定していて、高配当なので欠かせないと考えています。
VIZON  URL   2017-04-09 05:31  

早速のご返信、ご回答有難うございます。 

改めて感じ入りました。これまでのVIZONさんの資産残高推移、目覚しい実績を拝見すれば、売りべきときに売り、買うべきときに買うことが実現されているのがわかります。過去の履歴をされに拝読して、売買のタイミングで感じていらっしゃることを汲み取りたいと思います。
inzaiさんも、VIZONさんは凄く才能に溢れていらっしゃる方だという印象をお持ちのようでした。
小生はとかく理屈ばかり先に立ち、リスクをなかなかとれず、結果として大きな成果は残せていません、また海外商品などへの投資もほぼなく、確定申告も特定口座源泉ありの損失相殺くらいしか経験がありません。もっと数多く経験していかないといけないと強く思います。
今後とも、なにとぞよろしくお願い申し上げます。
投資家見習い  URL   2017-04-09 11:13  

Re: 早速のご返信、ご回答有難うございます。 

たまたまアベノミクスの株高と円安とダイナムの高騰で運良く億り人になることができましたが、売買のタイミングは結構気分でも売り買いしていますので、上げを取り損ねたり、失敗したりとあまり参考にはならないかと思います。私に専門知識があるというより、リンクを張らせていただいているサイト様には大変お世話になっているところです。常にフルポジションだったので、リスクだけは取ったといえるかもしれません。inzaiさんのブログは本当にJ-REITにお詳しい方なので、参考にさせていただいております。

あまり面白いところのないブログだと思いますが、こちらこそよろしくお願いします。
VIZON  URL   2017-04-10 20:13  

 管理者にだけ表示を許可する

03  « 2017_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

VIZON

Author:VIZON
30代後半男性 首都圏在住
職業:事務職サラリーマン

普段の生活は質素で、生活安全資金を除いた大部分を株式投資にまわしている30代独身サラリーマンの投資日記です。配当収入額が給与より大きくなってからは、会社で努力して昇格しようという意欲もあまり沸かず、まったり働いていましたが、最近リタイア願望が以前より強くなってきました。

銘柄の入替はありますが基本的に長期保有かつフルインベストメントにて配当金を積み重ねる戦略を実行していきます。

カウンター

検索フォーム

サイト様へのリンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR




page
top