本日の取引

category: 本日の取引  

【一部売却】

ASCOTT RESIDENCE TRUST

【新規購入】

RHT HEALTH TRUST

【コメント】

RHTが前日に激下げしていたので、買ってみました。まあ、思ったよりは安く買えませんでしたが・・・。

スポンサーサイト

2017_02_16

Comments

 

悪材料もなかったようですし絶好の買い場到来ですよね!
VIZONさんは買ってるんじゃないかと思っていました^^

僕はこういうタイミングで買えなかったので相変わらず下手っぴだなと激しく後悔しているところです...(汗
sanchi  URL   2017-02-16 23:47  

Re: タイトルなし 

私も大きく下げたときは仕事中でしたし、次の日も仕事で午前中に別の銘柄を売って資金を作ってからだなと思っていたらスルスルと上がってしまっていて。なかなか難しいものです。
VIZON  URL   2017-02-17 22:04  

 

こんばんは。
自分も、RHT Trust 保有しています。2/6に決算出てから下落気味でしたが、いきなり急落しましたね。
今までほとんど動きがなかったので驚きでした。SGXからも、疑わしい取引に注意喚起出ていました。
以前よりは、収益力が下がり気味ですが、しばらく様子見です。

IB証券を利用した確定申告終えました。予想外の書面提出がありましたが、意外とあっさりでした。
デメリットとして、他の証券会社、配当・譲渡益間との損益通算ができない、
外国送金で、多額の入出金があると銀行で尋問を受ける等がありました。
先日、新生銀行から1800万円ほど外国送金したら、副支店長まで出てきて、送金目的、資金の出どころを根ほり葉ほりと尋問。
それなりの金額なので、税務署への説明がメンドウだという態度を全面にだしてきました(苦笑)
とりあえず、この数か月でだいぶん慣れたところですね。
売り専  URL   2017-02-18 23:39  

Re: タイトルなし 

売り専さん、こんにちは。

外国証券会社だと、他の証券会社、配当・譲渡益間との損益通算ができず、繰越控除もできない、後は特定口座ではないので、売却す都度確定申告を要すというところでしょうか。

私は今回の確定申告で、多額の損失を計上したので、結果として国内証券会社で良かったです。

送金の件、店舗で多額の送金をすると、そんなことがあるんですね。
VIZON  URL   2017-02-19 17:50  

 

譲渡損益と配当は別々、海外と国内も別でしたね。
具体的には、IB証券とファーストレイド証券等の配当は合算OK。国内証券の配当とは合算不可。
譲渡損益も同じ。ただし、同じ海外証券でも、配当と譲渡損益は合算できないようです。(これで正しいはず、ですが、そもそも、国税庁の確定申告入力ページで合算できないです)

申告そのものは、一度フォーマットをエクセルで作ったら、楽勝です。
アイザワ証券等の配当通知書でかかれている項目を真似てエクセルで作って、年度で一括入力して紙切れ1枚提出すればOKです。あとは年度で区切ったステイトメントを添付です。なので、今まで損益確定都度税金をとられて資金拘束されていたのが、税金支払いまでフリーなので、それをうまく運用できればプラス要素にはなります。

正直、投資戦略に繰り越し控除を入れているなら使えません。
私の場合、買ったらほぼ放置なので、申告分離課税さえ確定されていれば問題ありませんでした。

売り専  URL   2017-02-19 19:39  

Re: タイトルなし 

詳しい情報をどうもありがとうございます。

なるほど、一般口座なので税の後払い効果もあるのですね。

繰越控除はもちろん出さないのに越したことはないのですが、できないというのは縛りがかかっていることになりますね。
(何年か前の店頭FXがそうでした。)

VIZON  URL   2017-02-20 01:43  

 管理者にだけ表示を許可する

05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

VIZON

Author:VIZON
30代後半男性 首都圏在住
職業:事務職サラリーマン

普段の生活は質素で、生活安全資金を除いた大部分を株式投資にまわしている30代独身サラリーマンの投資日記です。配当収入額が給与より大きくなってからは、会社で努力して昇格しようという意欲もあまり沸かず、まったり働いていましたが、仕事のストレスが増したこともあり最近リタイア願望が以前より強くなってきました。

銘柄の入替はありますが基本的に長期保有かつフルインベストメントにて配当金を積み重ねる戦略を実行していきます。

カウンター

検索フォーム

サイト様へのリンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR




page
top