2016年4月末の資産状況

category: 月末資産状況  

株式

取得原価1億4232万0000円
含み損益△673万4834円
資産時価総額1億3558万5166円
 
年間累計確定損益△946万8706円  
4月受取配当金51万7645円
年間累計配当金281万1160円
年間予想配当金1027万5712円 

最終日に突飛な円高が来て、資産時価総額は前月比で微増でフィニッシュとなりました。その直前は1.42億位でした。円高により帳消しとなりましたが、持ち株の株価自体は割と堅調です。日経平均が下げていることもあり、日本株も配当利回りは上がってきている感はありますね。




スポンサーサイト

2016_04_30

Comments

 

もう少し、円高になるにしても、円安になるにしてもゆっくりと動いて欲しいですよね。5月1日だけで、結構な下げになりました。まだまだ円高になると、もっとなんでしょうが。ガクガクブルブルです^^;
煙々  URL   2016-05-03 10:43  

Re: タイトルなし 

煙々さん、こんにちは。落ちる直前は本当に円安の流れが強かっただけに、激しい円高になりましたね。長く投資をやっているとある程度「諦感」みたいなものも感じるところですけど(笑)
VIZON  URL   2016-05-05 21:17  

終わりました 

こんにちは。
母親ですが、5月3日に永眠しました。
そのあと、通夜、告別式も、とどこおりなく終わりました。
看取りから葬式まで、先を見越して準備してきたので、思ったよりスムーズにできました。

私は、そういう状況状だったので、相場が急に動いても対応できないので、外国債券にしといてよかった・・・と思っています。
円高は続くかもしれませんが、利金を受け取りながら、円安になるのを気長に待ちたいと思います。

そうそう、管理人様も一度香川に遊びに来てくださいね。
デイちゃん  URL   2016-05-08 14:46  

Re: 終わりました 

デイちゃんさんの看護で、母上様も満足されたことと思います。

慌てなくてすむように、事前に準備しておくのは大切ですよね。

機会があるときに、香川に1回遊びに行きたいと思います!
VIZON  URL   2016-05-09 21:04  

 

突然のコメント失礼致します。

配当メインでの運用を考え色々調べているうちに
VIZONさんのブログに行き着きました。

年間の累計配当金に驚きまして、
私もシンガポールREITと香港REITに取り組んでみたいと
真剣に考えております。

シンガポールREITと香港REITなどを購入しているのは
アイザワ証券という証券会社でしょうか?

また、シンガポールREITと香港REITをアイザワ証券で購入した際に
税金はどのようにかかってくるのかご教授頂けませんでしょうか?

少し調べましたらシンガポールREITの場合、
現地で17%程度課税されて、さらに日本国内でも課税されると目にしまして、
そうなった場合、配当利回り的に日本のREITとそれほど変わらなくなるんじゃないかなと
心配しているところでもあるのですが、
お考えをお聞かせ頂けませんでしょうか?

こちらの勉強不足で申し訳ございませんが、ご教授頂けるとうれしいです。

よろしくお願い致します。
sanchi  URL   2016-05-22 12:56  

Re: タイトルなし 

sanchiさん、コメントありがとうございます。

シンガポールREITと香港REITは、アイザワ証券で購入しています。理由は日本の金融機関の中で、アイザワ証券でしか取り扱いがないためです。

香港REITは、現地課税0なので、国内税率20.315%のみです。

シンガポールREITは、複雑なのですが配当の中で外国税額がかかる部分については、確かに17%かかりますが、税額がかからない部分もあります。こればかりは、毎回の配当原資などによっても割合が変わるようです。シンガポールREITは物件をシンガポール内に1件でも保有している場合、17%が(部分的にも)かかるようです。しかし例外もあって、CAPITALAND RETAIL CHINA TRUSTのようにシンガポール内に1件も物件を保有していない場合は現地課税0。またKEPPEL INFRASTRUCTURE TRUST、RELIGARE HEALTH TRUST等ビジネストラストは、現地課税0。国内税率20.315%は外国税額分を差し引いた分に対して課されます。ちなみにアイザワ証券でのシンガポールREIT現地課税分は、外国税額控除の対象になります。

上記の事から、私は外国税率が低くなる銘柄を選べば、利回りが7%を超えている点も含め、魅力的だと考えています。
VIZON  URL   2016-05-23 00:52  

 

早速丁寧なご返信、ありがとうございます。

香港REITは現地課税がないのでわかりやすく、
シンガポールREITはそれぞれの銘柄によって異なるということですので、
事前に把握しておかないということですね。

ただ、17%現地課税されるシンガポールREITを売買したとしても
外国税額控除を受けれるということなので
最終的にはそれほど気にしなくてもよいのかなと少し安心しております。

外国税額控除の対象となるにしても現地課税されるというのは
気分的にもあまり嬉しいものではないかと思いますので、
現地課税されないシンガポールREITを選びながら高い利回りというか
配当を得たいと気持ちが高まりました。

シンガポールREITとビジネストラストの違いもよくわかっていないところが
恥ずかしい限りですが、とりあえずアイザワ証券の口座を開設するように
動いてみようと思います。

ご返信ありがとうございます。これからも更新楽しみにしております。
sanchi  URL   2016-05-23 10:25  

Re: タイトルなし 

外国税額控除は、税額を払っていなければ当然使えませんし、色々な理由で確定申告をしたくない場合もあるでしょうから、あまり積極的に取りに行かなくても、、と思っています。

現地課税されないシンガポールREITや香港REITは魅力的ですね!

シンガポールREITだと、
http://reitdata.com/
は参考になります。
VIZON  URL   2016-05-23 21:01  

 

なるほど、仰るとおり現地課税されるようなREITについては
わざわざ積極的に取りにいかなくてもよさそうですね。

今は日をまたいで火曜日ですけど、月曜日アイザワ証券に口座開設のための
資料請求の申込みをしました。
早く準備を整えて、シンガポールREITや香港REITを購入できるようにしたいと思っています。

シンガポールや香港のREITに注目したVIZONさんは凄いと思います。

30代半ば独身の私にも親切にして頂いてとても嬉しく思っております(笑

http://reitdata.com/
↑こちらのサイトも教えて下さりありがとうございます。
翻訳サイトを活用して何を書いているのか参考にさせて頂きたいと思います!
sanchi  URL   2016-05-24 01:22  

Re: タイトルなし 

私、最初からシンガポールREITや香港REITに注目していたわけではなく、日本の高配当株から入っていたんです。ブログを続けるうちに、日本株~ダイナム~米国株~シンガポールREITみたいな流れです。シンガポールREITはこのブログをやっていたから知ることができたこともあり、続けてきて良かったと思いますね。

>30代半ば独身の私

おお、同年代の方だったのですね・・。お互いシンガポールREIT仲間として頑張りましょう!
VIZON  URL   2016-05-24 18:24  

 

ブログを初めの頃から拝見致しまして、
2013年の夏から秋頃?辺りから一気にポートフォリオが刷新されているな思いました。
その時点で最もベターな判断を思い切られたことが今に繋がっているわけなんですね。
すごいなと思って勉強させて頂きました。


>おお、同年代の方だったのですね・・。お互いシンガポールREIT仲間として頑張りましょう!

ありがとうございます^^
シンガポールREITや香港REITを購入できた暁には、
正式にお仲間として見て頂けるとうれしいなと思っております!

またご質問させて頂くことがあるような気がしますが。。。
その時はお手間がかからない範囲でよろしくお願い致します。
sanchi  URL   2016-05-24 22:26  

Re: タイトルなし 

何だか無性に整理したくなって、気が付いたらこの銘柄数になってました(笑)

また書き込んでくださいね。
VIZON  URL   2016-05-25 20:06  

 管理者にだけ表示を許可する

05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

VIZON

Author:VIZON
30代後半男性 首都圏在住
職業:事務職サラリーマン

普段の生活は質素で、生活安全資金を除いた大部分を株式投資にまわしている30代独身サラリーマンの投資日記です。配当収入額が給与より大きくなってからは、会社で努力して昇格しようという意欲もあまり沸かず、まったり働いていましたが、仕事のストレスが増したこともあり最近リタイア願望が以前より強くなってきました。

銘柄の入替はありますが基本的に長期保有かつフルインベストメントにて配当金を積み重ねる戦略を実行していきます。

カウンター

検索フォーム

サイト様へのリンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR




page
top