本日の取引

category: 本日の取引  

センチュリー21・ジャパンを全部売却し、米国株のTAL INTERNATIONAL GROUP(TAL)、SEADRILL(SDRL)、LOCKHEED MARTIN CORPORATION(LMT)を追加購入しました。
スポンサーサイト

2014_07_23

Comments

オーストラリア株って 

SDRLも配当利回り高いんですね。
日本株は消費増税もあり調整するでしょうけど、アメリカ株はまだ上がありそうですね。

僕は豪ドル債が15万ドル分償還になり、豪ドル債の利回りも4%切るくらいで低めになってるので、オーストラリア株のNABかANZにしてみたらどうだろう?と思っています。
が、オーストラリア株って買ったことな~い。手数料や税金や売買単位がよくわからな~い。
一応、株はやめて債券にって方針にしてるから、利回り低くても債券にするか。悩んでいます。やっぱ債券か。
デイちゃん  URL   2014-07-27 18:54  

Re: オーストラリア株って 

SDRLは配当利回り凄いですね。安定性はどうなのか良く分かりませんが・・。

ANZ等は私もちょっと気になっていますが、利回りは高そうですが直接買うのはハードルが高く、投資信託という形ではコストが高くで、手を出せずです。

オーストラリアは中国との関係が深そうで、中国のバブル崩壊で下げた時はチャンスなのでしょうかね。

VIZON  URL   2014-07-27 20:57  

オーストラリア株 

オーストラリアは中国との関係が・・・と言われて、ハッとしました。
オーストラリアの銀行、しょうこりもなく中国の不良債権いっぱいもってるかも・・・。

野村證券のコールセンターで、「オーストラリア株って買えるんですか?」って聞いてみたけど、「私ではわかりかねます」ってことでした。
やっぱり、窓口のおねえさんは外株はよくわからないみたいです。

大和もおねえさんじゃ分からなくて、営業マンにかわられました。
「も~金額少ないのに」「めんどくさいなあ」的な。

やっぱり、10億くらい預けないとダメですね。
デイちゃん  URL   2014-07-30 12:12  

Re: オーストラリア株 

私は普段ネット証券利用のため、リアル証券会社は使っていないのですが、窓口のおねえさんとのやりとりは面白そうですね!思い返すと投資を始めた頃(10年前くらいでしょうか)有休をとった日に証券会社巡りをしたことがありました。たしか大和、野村、みずほ証券だったと思いますが、当時相場が下落していて、「下落したら価格が上昇する金融商品はあるか」と聞いてベア型ファンドを進められた記憶があります。当時余裕資金はせいぜい200万位しかなかったのに今考えると恐れ多い行動でしたね。確かみずほ証券では「ベア型ファンドなんてマニアックな商品よりグロソブがいいよ」と言われました。ベア型ファンドは今までに2004年頃?と東日本大震災後に買った事ありますが両方とも損失を出して終了でしたので、自分には向いてないと思い封印してます。
VIZON  URL   2014-07-30 16:56  

店頭にはあまり 

私も、直接証券会社に行ったことはあまりないです。
というか普通の人ってあまり行かないと思います。よっぽど暇な人しか。

昔、山一證券がつぶれたときに、たまたまその日に株券を引き出すことにしていて(山一がやばそうだったから)、で、店の前の行列に並んだ後、会議室に通され、「金返せ!」「500万返せ!」という人たちに混じって、日本製粉の株券を受け取ったことがあります。

あ、そうそう、マネックスのADRされたんですね。
私ももうちょっとADRの種類増えたらしてみようかな。ってお金ないし!!
デイちゃん  URL   2014-07-30 20:18  

 管理者にだけ表示を許可する

09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

VIZON

Author:VIZON
30代後半男性 首都圏在住
職業:事務職サラリーマン

普段の生活は質素で、生活安全資金を除いた大部分を株式投資にまわしている30代独身サラリーマンの投資日記です。配当収入額が給与より大きくなってからは、会社で努力して昇格しようという意欲もあまり沸かず、まったり働いていましたが、仕事のストレスが増したこともあり最近リタイア願望が以前より強くなってきました。

銘柄の入替はありますが基本的に長期保有かつフルインベストメントにて配当金を積み重ねる戦略を実行していきます。

--------過去の損益--------
2011年:-1,529,990円
2012年:+5,011,987円
2013年:+48,374,205円
2014年:+10,135,105円
2015年:+842,641円
2016年:-19,208,576円
累計  :+43,625,372円

--------過去の配当--------
2011年:+1,460,499円
2012年:+2,996,104円
2013年:+4,043,146円
2014年:+6,623,613円
2015年:+9,226,306円
2016年:+8,364,969円
累計  :+32,714,637円

--------過去の給与--------
2011年:+5,138,088円
2012年:+5,446,586円
2013年:+5,702,987円
2014年:+5,572,448円
2015年:+5,756,640円
2016年:+6,201,251円
累計  :+33,818,000円

------過去の時価総額------
2011年:43,502,000円
2012年:62,477,162円
2013年:125,003,610円
2014年:144,692,570円
2015年:138,726,594円
2016年:141,080,518円

最新トラックバック

カウンター

検索フォーム

サイト様へのリンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR




page
top