だいぶ昔にダイナムに申請していた2013年12月に受け取っていた中間配当金の過徴収分、すなわち源泉徴収分(20.42%)と本来の税率(10.147%)の差額の入金がありました。

正直、あまりに時間がかかっていたので半ばあきらめていたのですが、何ともうれしいです。

今回はとりあえず2013年12月分ということで、国税との話し合いも決着したことからの今回の返金でしょうから、2013年6月分も早めに入金されることを期待したいですね。
スポンサーサイト
2015_03_22


ダイナムの配当を2013年6月、2013年12月、そしてこの2014年6月と受け取ってきたが、2013年中の配当にかかる税金は本来10.147%のはずが20.42%が香港にて源泉徴収されている。国内での課税はゼロ。超過分の税金は還付されるとのことだが、申請書を送っても今のところ何も起きていない。でも2014年の配当からは個人的に期待していた。なぜなら配当にかかる税率は20.315%になり20.42%源泉徴収されてもほぼ無視できるため。ところが、2014年6月の配当の明細を見たら驚くべきことが分かった。何と、今まで通りの香港での20.42%の課税に加え、国内でも20.315%が課税されていたのだ。ダイナムのHPによれば、還付請求できるが、今までのことを考えると正直気がめいってきたので売却することとしました。とはいえダイナムのおかげで2013年に10万株売却で1997万円、2014年に4.8万株売却で931万円で合計2928万円の利益をもたらしてくれたので、大感謝です。
2014_07_10


ダイナムの中間決算が発表されました。予想通り利益は昨年より増加しており安心しました。今は遊技業収入がほとんどですが、将来はカジノ関連等その他の収益部門も増えてくれればと期待しています。
2013_11_27


ダイナムの2014年3月期中間配当が発表されました。1株あたり7円配当で前年の5.75円から増額となりました。ちなみに権利確定日は11月14日となり発表を見てから買うことができる中国株の方式ですね。決算発表日は11月27日です。配当額からすると決算も良好かなと勝手に思っています。年間14円配当を期待したいですね。
2013_10_29


ダイナムの期末配当金が証券口座に入金され、配当金の計算書も到着したので、ダイナムジャパンのHPの説明を読んで還付請求書と株数の期末残高が分かる書類と配当金計算書を西日暮里宛に郵送してみました。
2013_07_04


本日発表されたダイナムジャパンの期末決算資料を見ました。減収増益で、有利子負債も極小。自己資本比率75%と財務も堅いです。年間トータルEPS29.7円に対し13円配当で、配当利回り8%と凄い水準です。業種柄か香港で知られていないからか不人気株の気はしますが(日本人の株主は何人いるのか)、パチンコ以外の事業にも手を広げるみたいですし、期待したいですね。


2013_05_29


ダイナムジャパンホールディングスのホームページに、源泉税の還付手続きについての案内が載っています。ダイナムは日本企業で唯一の香港単独上場企業であり、高配当ではあるものの、税金関係の書類はややこしそうだなあと思っていました。証券会社に以前確認したことがあり、所得税15%と住民税5%が源泉徴収されて、日本の税務当局に納められるらしいというところまでは知っていました。超過徴収された分は確定申告するしかないのかなと考えていましたが、この発表ですとダイナムに送れば国税局に送付してくれるみたいですね。親切な会社だと思います。

また、アナリストレポートも掲載されています。私はふんふんこんなものかなと読みましたが、業界をあまりよく知らない方にとっては助かるレポートだと思います。

3月にはグランドオープン(新規開店)する店舗もあり、ますますの業容拡大と増配を願いたいと思います。



2013_03_17


11/27に発表されたダイナムジャパンの中間決算資料を見ました。増収増益で、キャッシュフローも良さそうで、有利子負債もあまり多くはなく、自己資本比率69%と財務も堅そうです。EPS14.02円に対し5.75円配当で、配当利回り7.8%くらいでしょうか。かつてのREIT並みの高配当ですね。
2012_11_28


02  « 2017_03 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

VIZON

Author:VIZON
30代後半男性 首都圏在住
職業:事務職サラリーマン

普段の生活は質素で、生活安全資金を除いた大部分を株式投資にまわしている30代独身サラリーマンの投資日記です。配当収入額が給与より大きくなってからは、会社で努力して昇格しようという意欲もあまり沸かず、まったり働いています。

給与と配当とキャピタルゲインを原資とした再投資により、年間1000万円近辺の配当収入は達成したので、手取り年1000万を考慮して年間1250万円以上の配当収入を目標とします。

銘柄の入替はありますが基本的に長期保有かつフルインベストメントにて配当金を積み重ねる戦略を実行していきます。

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR




page
top