【追加購入】

CAPITALAND RETAIL CHINA TRUST

【コメント】

配当金が入金したので、持ち株のリートを追加購入しました。


スポンサーサイト
2016_12_06


株式

取得原価1億3780万1000円
含み損益△73万4845円
資産時価総額1億3706万6155円
 
年間累計確定損益△1970万2836円  
11月受取配当金67万3047円
年間累計配当金755万2121円
年間予想配当金1009万9005円 

トランプショックにより結構な円安になりましたが、株価は下落したこともあり資産総額は先月末比で微増にとどまりました。11月は香港REIT等価格が下げたのを見て既存銘柄を売却して買付したため、保有銘柄数は、3→8銘柄に増加しました。いい感じに分散できたと思っています。






2016_12_01


【一部売却】

KEPPEL INFRASTRUCTURE TRUST

【新規購入】

RHT HEALTH TRUST

【コメント】

RHTは特別配当後に様子を見ていましたが、値動きが強く、次期の配当額ははっきりとはしてませんが、これ以上上がると買えなくなるかなと思い購入しました。


2016_11_16


【一部売却】

LIPPO MALLS INDONESIA RETAIL TRUST
KEPPEL INFRASTRUCTURE TRUST
ASCOTT RESIDENCE TRUST

【新規購入】

YUEXIU REIT
HKT TRUST
PROSPERITY REIT
CAPITALAND RETAIL CHINA TRUST

【コメント】

円高が進んでいますが、シンガポール&香港は下げています。以前から気にはしていた香港リート銘柄が、そこそこ下げてきたので、参戦してみました。CRCTは減配であまり良くはないのですが、結構な下げなので買ってみました。予想配当は下がりますが、全7銘柄と分散はされています。



2016_11_14


株式

取得原価1億3704万0000円
含み損益△49万2102円
資産時価総額1億3654万7898円
 
年間累計確定損益△1899万9780円  
10月受取配当金 0円
年間累計配当金687万9074円
年間予想配当金1050万3820円 

米国利上げ期待に伴い若干円安になったのと、株価もぼちぼち堅調で資産時価総額は先月末比で500万円ほど上昇しました。1.4億円台が待ちどおしいです(笑)。予想配当金はLIPPOを大量に購入したので上昇しました。今月は銘柄の入替を行った関係で確定損が発生し、含み損は減少しました。1899万9780円の確定損なので、この後何年かかけて配当と相殺すれば386万円位税還付で戻ることになるはずです。そういえば昔ダイナムで儲けた関係で平成25年分の所得税を343万円、住民税を144万円ほど納税しましたが、結構な割合が戻ってくることになります。





2016_10_31


【全部売却】

RHT HEALTH TRUST

【追加購入】

LIPPO MALLS INDONESIA RETAIL TRUST
KEPPEL INFRASTRUCTURE TRUST


【コメント】

RHTは特別配当が発生すると、1/4位が返還されるような形になり、含み損が多く膨らむのもどうかと思い、一旦売却としました。
こんなことでもなければ、ずっと持ち続けたとは思いますが・・・。その資金でLIPPOとKEPPELを追加購入しました。


2016_10_17


【一部売却】

ASCOTT RESIDENCE TRUST

【追加購入】

LIPPO MALLS INDONESIA RETAIL TRUST

【コメント】

前回の取引に引き続き、LIPPOを買い増ししました。


2016_10_06


11  « 2016_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

VIZON

Author:VIZON
30代後半男性 首都圏在住
職業:事務職サラリーマン

普段の生活は質素で、生活安全資金を除いた大部分を株式投資にまわしている30代独身サラリーマンの投資日記です。配当収入額が給与より大きくなってからは、会社で努力して昇格しようという意欲もあまり沸かず、まったり働いています。

給与と配当とキャピタルゲインを原資とした再投資により、年間1000万円近辺の配当収入は達成したので、手取り年1000万を考慮して年間1250万円以上の配当収入を目標とします。

銘柄の入替はありますが基本的に長期保有かつフルインベストメントにて配当金を積み重ねる戦略を実行していきます。

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR




page
top